返報性の原理と試食サービス

身近にある返報性の原理…もらった手紙はキチンと返していますか?

TOP > 恋愛にも使える?ビジネス心理術講座 > 返報性の原理を使った試食サービスの罠

返報性の原理・心理とは

give&takeと書かれた画像

人の性質として返報性の原理があります。

字の通り『報いを返す性質』があるのです。

他人からなにかやってもらうとお返しをしないといけないと思う心理状態を「返報性の原理・心理」といいます。

例えばこの原理を上手く利用しているのがスーパーの試食コーナーです。

試食ではこの返報性の原理をつかって上手く購入意欲を高めようとしているのがわかります。

ウインナーを一本子供が食べた後、お母さんがあわてたように「それじゃあせっかくなので一袋ください」となるのを見かけたことはありませんか?

日本人は特にギブ・&・テイクの精神が高いためにこの手法に引っかかりやすいのでしょう。

もし、ほしくもないものをすすめられた時に後から購入を断れないと思ったならいくら無料でもその誘いには乗らないほうがよいでしょう。

返報性の原理をあたなが使う

逆にあなたはビジネスや恋愛においてこの返報性の原理を利用することも可能です。

どうしても頑固なお客さんに特別サービスと題して何かお手伝いをさせてもらう。

好きな人に愛してもらおうと思うのなら、あなたの方から愛を与える。

ただ、見返りを求めすぎると信頼を失うことにもなりかねませんので意識しすぎると逆効果になるかもしれません。注意してください。

しかし、多くの日本人があてはまる心理なので日常のできる範囲で返報性の原理を使ってみてください。

返報性の原理/お試しサンプル



恋愛にも使える?ビジネス心理術講座へ
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.