就職活動3つの応募方法
自由応募・縁故応募・推薦応募

知らないと損する3つの応募方法

TOP > 就活マニュアル > 就職活動3つの応募方法

就職希望の会社の応募方法を確認しよう

確認したほうがよいこと

早めに確認しておいてほしいのですが、企業への応募方法は3つの方法が考えられます。

自由応募・縁故応募・学校推薦(教授推薦)です。

しかし多くの学生は、自分で応募して就職活動をする自由応募にしか目が向きません。

これでは就職活動の可能性を狭めてしまうことにもなりかねません。

縁故応募や教授推薦という手段も知っておくと良いでしょう。
※退社することが前提の場合はオススメできませんが…

これまでも進学する際に「早くに進学先が決まっててうらやましい」と感じたことがあるのではないでしょうか?
もしくはその逆の立場だったことがあるのではないでしょうか?

就職後のプレッシャーは感じるかもしれませんが就職活動はグッと楽になるはずです。

それぞれの応募について考えてみましょう

自由応募

一人の人からいくつもの矢印

学校に求人がきている場合、そうでない場合に関わらずあなたが希望する会社へ応募するのが自由応募です。

ほとんどの人はこの方法をとることだと思います。

掲示板や学生支援科、雑誌、就職支援サイトに掲載されている求人情報を調べるなかで「ここに入社しよう」と思った企業に応募する方法です。

必要書類、締切日、試験日時、試験方法、応募方法を確認して応募しましょう。

わからないことがあったら、学校に求人のきていない企業には特に積極的に、早めの確認の問い合わせをしておくのがよいでしょう。

地元での就職を希望する場合は学生職業センターや地元新聞の求人案内、地元大学の学生支援科、地元の大学の友人、地元のハローワーク、地元の商工会議所にも求人を探しにいってみましょう。

縁故応募

握手しあう人

縁故人や知人の紹介で自分が希望する会社に応募する方法が縁故応募です。

俗に言う「知り合いのつてで…」「コネがあって…」という方法です。

小規模な会社では特に、紹介者の面目もあるため落ちる危険性をグンと低くすることができます。

入社してもすぐ辞めることが前提の場合は失礼になりますが、入社したい気持ちがあるのであれば早いうちから知人をあたってみるのも良い方法だと思います。

求人をみてから積極的に人探しに動く学生はあまりいないかもしれませんが、個人的な意見としては一つの手段として有りだと思います。(※もし実践する場合は高評価になる場合も低評価になる場合も考えられますので、ご自身の責任でよく考えて行動してください。)

学校推薦(教授推薦)

イイネボタン

大学の先生のお墨付きをもらって就職活動に取り掛かるのが教授推薦です。

縁故応募のように先生が就職先を紹介してくれるケースと自ら教授に推薦書を希望するケースがあります。

学校に求人がきている場合、就職活動の必要条件に「教授からの推薦書」とある場合があります。

この場合教授が、希望する生徒全員に推薦書を書いてくれるケースと学業成績・人物・特技などを考慮しないと推薦書を書いてくれないケースが出てきます。

希望する会社があるのなら早めに推薦書が必要な企業かどうかということを確認しておくべきでしょう。。

知っているのと知らないのでは学校生活にも影響しますし、応募の締め切りがギリギリの場合推薦書が間に合わなくなることも考えられます。

また、応募方法は一般的には各自で郵送という方法になりますが学校を経由して応募するという場合もありますのでしっかりと求人票を読んでください。

学校推薦の場合は合格するために有利にはなりますが、内定をもらったら辞退することはできません。
実際に応募する前には家族や先生と話し合って気持ちを整理しておくことも大事になります。



就職活動の方法一覧 source credit titles 1.A closer look confirms , yes it is the wrong way up George / Ianz 2.Media Monitoring - FREE trial / Imooty 3.Senator Henry M. Jackson talking with a group of people at an Airstream trailer park during his campaign for the Democratic presidential nomination / UW Digital Collections 4.New Facebook smear button! :D / Todd Barnard
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.