職掌について
総合職・準総合職・一般職の違い

職掌について知っておこう

TOP > 就活マニュアル > 職種・職掌について知っておこう> 総合職・準総合職・一般職

職掌について

メモをとるビジネスウーマン

職掌(しょくしょう)についてみていきたいと思います。

職掌とは担当の職務を指します。

組織のアウトソーシング化がすすむなか就職活動をする際には必ず抑えておきたい概念です。

企業によっては総合職、準総合職、一般職の3つに分類して採用を進める場合があるのでしっかり見ておきましょう。

総合職

総合職について考えてみましょう。

一般社員・現業職と呼ばれる人に対して総合職と呼ばれます。

総合職は「総合」というだけあってなんでもやります。

企業が利益をあげるための業務を臨機応変にこなせるようになる必要があります。

将来の幹部候補ともいえます。

将来の給与・昇進・住宅手当・福利厚生などで大きく差がつく可能性があります。(総合職のメリット)

しかし、悪い面もあります。

業務の内容によって次々と職務地をまわされたり、苦手な分野も経験させられたりすることも考慮しないといけません。

ただし、「総合職に就きたいけれど勤務地が全国を飛び回ることになるのは嫌だ」という方は地域限定総合職という勤務地が限定された総合職もありますので根気よく探してみてください。

準総合職

準総合職について考えてみましょう。

準総合職は総合職に準ずる業務にあたります。

総合職と基本的には仕事内容が似ていることが多いようです。

総合職との違いは転勤などのエリアが狭いため転居しなければいけないケースはほとんどありません。

当然、昇給・手当てなどは総合職と比べると低い傾向にあります。

一般職

ここまで読むと一般職がどのようなものなのかなんとなく想像がつく方も多いのではないでしょうか。

そうです、一般職とは総合職を補佐するような定型的な業務に従事する職掌です。

事務や専門技術に特化した仕事の場合は一般職として扱われるケースが多いでしょう。

この職掌ではほとんど異動・転勤はないと思われます。(人事異動が多い会社は例外です。)

どの職掌がいいとはいえませんが、あなたの性格と金銭的な要因をしっかり考えておいてください。



就職活動の方法一覧 source credit titles 1.01 (335) / Victor1558
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.