自分のことを知るための19の質問
自己分析

自分のことを知るための19の質問

TOP > 就活マニュアル > 自分のことを知るための19の質問

自己分析の重要性

鏡を覗き込むお姫様

就職活動を成功させる上で最も重要になるのが自己分析です。

「敵を知る前にまず己から」というようにあなた自身を見つめなおすことで就職活動をスムーズにすすめることができるようになります。

例えば企業選びをするとき、自己分析をしっかり行っていればあなた自身がどんな企業に入りたいのかもハッキリしてきます。

また履歴書には必ず長所を記入する欄があります。

さらに面接ではあなたの性格について聞かれるかもしれません。

企業が就職面接で重視しているのは自社とあなたのマッチングですから自己分析ができていなければ企業側も採用してくれないでしょう。

最低でも下記の「自分のことを知るための19の質問」に答え、紙に書き出すくらいはしておきましょう。

自分のことを知る19の質問

●×に答える

1.あなたの名前の由来はなんですか?

2.小さい頃の夢はなにかありましたか?

3.小学校の頃の作文や日記は残っていますか?

4.今まで観た映画で感動した作品はありますか?

5.部活動は何をしていましたか?

6.得意科目は何でしたか?

7.受験、部活動、ゲームなど…「これは頑張った」という経験が何かありますか?

8.性格はどんな性格だと思いますか?

9.また、他人からはどんな性格だと思われていますか?

10.尊敬する人、憧れの人はいますか?

11.アルバイトの経験はありますか?
(11,5.アルバイトの経験のある方はそのバイトで学んだことが何かありましたか?)

12.資格はなにかもっていますか?

13.小学校、中学校、高校、大学等の時期にそれぞれ印象に残っていることを挙げてください。

14.将来の夢は何かありますか?

15.今まで生きてきて人とのつながりを意識したことはありますか?
   そこから何か学んだことはありませんか?

16.これからやってみたいことが何かありますか?

17.あなたの長所と短所を9つあげるとしたら何ですか?

18.将来の理想の自分をイメージすることができますか?

19.あなたは何のため、誰のために働くのでしょうか?
   どのように社会に貢献したいと思っていますか?

まるで面接のときに聞かれるかもしれないような内容だと感じたかもしれませんが、面接でも相手はあなたを知りたいと思っているのですから当然同じような質問がでるのです。

自分のことは自分ではわからない?

意見と人の影

自分を知ることは履歴書・エントリーシート・面接いろいろなことに役立ちます。

意外と自分についてわからないもので、家族や友達、バイト先の店長、先生などに自分の長所・短所について聞いてみると新たな自分を発見することもできます。

他にも自分を知るための対策を考えてみてください。

関連記事



就職活動の方法一覧 source credit titles 1.The Mirror of Erised works both ways / P.O. Arnas 2.mirror tic tac toe / Cea. 3.Me Talk Pretty One Day / Hryck.
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.