報酬GETのコツ!【ECサイト・ASP広告リンク使用方法】

報酬GETのコツ!【ECサイト・ASP広告リンク使用方法】

TOP > 副業マニュアル > アフィリエイト> ECサイト・ASP広告リンク使用方法

ECサイト・ASPの上手な使い方

前回の[アフィリエイト開始!【登録必須のECサイトとASP】]を実行して、オススメのECサイトとASPに登録を終えたらASPの簡単な使い方を学んでおきましょう。

それと各ASPは必ずお気に入りに登録したり、すぐにリンクできるようにしたりしておいてください。

お気に入りに登録し忘れたというかたは下記で各サイトをお気に入り登録しておきましょう。
Øamazonアソシエイト
ØEC studio アフィリエイト
Ø リンクシェア
Øバリューコマース
Ø トラフィックゲート
Ø A8.net
Ø アクセストレード
Ø 電脳卸

あなたのサイトで紹介したいプログラムを探す

各ASPにはキーワード検索、カテゴリー別検索という機能があり、あなたの紹介したい商材を提供してくれるECサイトを見つけやすくなっています。

ASPごとに呼び方が違いますが、「オファー検索」や「キーワード検索」という検索窓がついているので利用してください。

サイトは決まっているけれど、どんな商品を紹介しようかと悩んでいる方はカテゴリー検索を使って一通りどんなものがあるのか見ておくとイメージが沸いてくると思います。

ECサイトを選ぶポイント

ここで一つアフィリエイトで収入を得たいとお考えのあなたのために売れるECサイト選びのポイントをご紹介したいと思います。

まず、なにより大事なことが、「その商品・サービスを心からオススメできるか」ということです。

ECサイトを見て「オフラインで実際のあなたの友達や恋人、家族にすすめられるだろうか」と一度自問自答してみてください。

次に、なんといっても「サイトのテーマにそった商品・サービスであるか」ということを重視してください。

実際のお店をイメージしてください。
雑貨屋で保険加入の案内をしている人は滅多にいないでしょう。

なかには保険に前から興味をもっていた人が契約してくれるケースもあるかもしれませんが、雑貨屋に来る人は雑貨を求めてきているのです。

雑貨のほうが売れるに決まっています。


さぁ、ここで絶対考慮していただきたいポイントをご紹介します。
それは「リンク先のサイトはお客さまを逃がすような作りをしていないか」ということです。

これは重要なポイントです。

いくらあなたが「コレは絶対オススメです!」と太鼓判を押して、読者が欲しいと思っても、リンク先のECサイトのどこをどうすれば購入できるのかわからなければ購入できないのです。

「もう今日はあきらめよう」とパソコンをシャットダウンしてしまうかもしれません。
あまりに欲しい商品だったら、その後お店を探してリアルに買いに行くかもしれません(そしたらあなたの報酬はゼロです)

購買意欲をそそることができたのなら、できれば報酬までもらいたいですよね。

ですので、リンク先のECサイトが報酬に繋がりやすいサイト構成になっているか一度見てください。

最後に、「3万円を超えるような高額な商品・サービスではないか」ということを確認してください。

いくら自信をもってオススメできる商品でもあまりに高額な商品は簡単には買ってもらえないと考えてください。

たしかに高額な商品を買ってもらったほうが報酬もいいですし、良い商品も多いです。

しかし、インターネットで高額な商品を購入するお客さんの視点で考えてみてください。

あまりに高いものだったら戸惑うと思いませんか?
「簡単には報酬に結びつかないとしても良い!コレは!というものを紹介したい!」「見せ方を工夫して売れる仕組みを作ってやる!」という熱い気持ちをお持ちの方はやってみるべきですが、初心者のうちは3万円を一つの基準にしてみてください。

報酬の発生条件

あと一つ忘れてはいけないECサイトを選ぶポイントがありました。

報酬の発生条件」です。

ECサイトが商品を紹介したあなたに報酬を支払う条件というものがあります。

商品の紹介といってもさまざまな見方ができるためECサイトがどこまでやったら「紹介」したとみなすかが報酬の発生条件につながります。

報酬の発生条件には大きく分けて以下の4パターンがあります。

表示回数報酬型・現在は皆無
・広告を掲載しているアフィリエイトサイトのページが表示されればスポンサーとして報酬が発生する
クリック報酬型・現在は少ない
・ユーザーがアフィリエイトサイトの広告をクリックしてECサイトを表示させたら報酬が発生する
・昔はクリックしてECサイトを1回表示させるごとに15円というものもあったが、現在では1円のものがほとんど
成果報酬型・ユーザーがアフィリエイトサイトの広告をクリックして、ECサイトを表示させて、そのまま商品やサービスを購入した場合に報酬が発生する
・ECサイトからすれば宣伝費用は実際にお金が入った後で払えばいいのでリスクがない
・なかなか成果には結びつかないが、報酬額はクリック報酬型よりも高いのでメリットはある
・やりがいはある
広告掲載報酬型・ある特定のECサイトについて専門の紹介ページを作成すると作成した時点で報酬が発生する
リンクシェアの広告掲載報酬やA8.net のA.8BUZZがこれにあたる

あるECサイトでは、あなたのページからECサイトのリンクをクリックしただけで報酬を出しますというのに、別のECサイトではさらに商品の購入にいたるまでこぎつけないと報酬は出しませんということもあるのです。

どのタイプが収益につながるのか考えながらECサイト選びをしていくのもアフィリエイトで稼ぐコツですので要チェックしておいてください。

紹介したいプログラム(ECサイト)が見つかったら、提携する

ECサイトを探していると「提携しようか、しまいか迷う」ということもしょっちゅうです。

こんなときはとりあえず提携申請することがオススメです。

始めのうちはいろんなECサイトと提携して違いを見極めることも大切です。

思わぬECサイトが実は一番報酬をもたらしてくれるかもしれません。

(一部では「ECサイトに多数登録すると、後で管理が難しくなる」とも言われていますが、はじめのうちはどんどん提携申請しておけばいいと思います。提携は後から打ち切ることもできます。)

提携申請というボタンを押すと、すぐに提携完了になるECサイトと、審査に数日かかるECサイトがあります。

いざ、紹介したい商品の広告をページに貼ろうと思ったときに提携申請を待たないといけないというのではもったいないので早めに提携申請しておきましょう。

提携が完了したECサイトの広告リンクを見て、あなたのサイトに掲載したいものを選ぶ

ECサイトごとに、バナー広告テキスト広告商品リンクといった種類の広告があります。

その中から、あなたのサイトに掲載したい広告を選んでください。

主な広告の種類を説明しておきますので、選ぶときの参考にしてください。

主な広告の種類
名称説明表示例
バナー広告・よく見かける
・長方形の画像を使った広告
・画像やムービー、テロップが流れるような広告
・クリックするとECサイトのホームページへジャンプする
・掲載しすぎると広告だらけのホームページになってしまう
・見栄えが悪くなる恐れがある
・ホームページを開くとき重くて表示が遅くなる
商品リンク・商品の写真の画像をクリックすると直接、商品の販売ページへジャンプする広告
・商品を説明するとき装飾としての効果が上がる
テキストリンク・文字だけが掲載されたリンク
・商品名やサイト名だけのわかりやすいリンク
・読者をひきつけるキャッチコピーがついたリンクがある
・サイトになじんで目立たない
・ホームページの表示スピードへの影響が軽い
東急百貨店 ネットショッピング


特殊な広告リンク
名称説明
自動更新型リンク・別名:ライブラリ、ダイナミックリンク
・掲載される商品が自動的に入れ替わる仕組みの広告
・ユーザーの検索したワードや観覧履歴を参考に、ユーザーに合いそうな広告を掲載
検索ボックス型リンク・ECサイトの中にある好きな商品をユーザーが直接検索できるリンク
・いちいち広告のことを気にせず、手間もかからずに掲載できる

表示例:

この他にも
WEBページの一部として埋め込まれたも、ディスプレイ広告
音声や動画を用いることができるリッチメディア広告
フローティング広告、有料リスティングサービス、コンテンツ連動型広告、検索連動型広告、ネットワーク配信、サイトターゲッティング広告、モバイル広告というものもあります。

ソース(HTML)をコピー&ペースト(コピーしてあなたのサイトの貼りたい場所に貼り付ける)

広告を選んだら「リンクを作成する」というボタンを押し出てきたHTMLタグをコピー(右クリックしたら[コピー(C)]というボタンが出てくる)して、あなたのサイトの表示したい部分に貼り付けてください。

HTML言語でホームページを自作した方はHTML内に貼り付けるだけです。

ホームページ作成ソフトをお使いの方は説明書や仕様マニュアルにHTMLタグの貼り付け方法が書かれていると思います。ご自身で読んで探してください。

ブログでアフィリエイトをしようとお考えの方は各ASPでブログへの貼り付け方が丁寧に説明してありますので参考にしてみてください。

あなたのサイトに広告を貼るときの注意点

ここで一つ注意するべきことがあります。

ASPやECサイトから提供されたHTMLソースは自分で書き換えたりしないようにしてください。

HTML言語をかじったことのある方は「通常なら「alt」タグのなかに画像の説明文を入れたほうが親切だ」「自分のHTMLデータに対してXHTMLでリンクが張られていると不適切だ」ということを知っています。

しかし、提供される広告の場合は少しでも書き換えるとASP側が正しい判断ができなくなる恐れがありますので記入、書き換えはしないことをオススメします。

リンク名を変えたいという方はアクセストレードを利用するのがいいでしょう(アクセストレードには「ご自由にテキストをお作りください」というリンクがある)

ASP・ECサイトの成果レポートの見方

あなたのホームページにアフィリエイトリンクを貼り終えたら、やっと報酬がもらえる仕組みが作れたことになります。

明日から報酬がいくら入ってくるのか楽しみでしょう。

その報酬がいくら入ったのか確認する方法をみていきましょう。

ASPやECサイトにはログインしてすぐのページに成果レポートというものが掲示されます。

ここには

  • 報酬
  • 日別・月別の概要
  • どのリンクが何件クリックされているか
  • どの商品が何点売れているか

というものが掲載されています。

ここで報酬がいくら入ったか確認することができます。

ほとんどのASP・ECサイトでは成果が上がった翌日には報酬が記載されているのでほぼリアルタイムで何日に報酬が入ったのか見ることができます。

実はこの成果レポートを見ることはアフィリエイトをするあなたにとって重要なポイントです。

なぜ重要化というと、レポートを見ながら現状を把握し、試行錯誤を繰り返すことができるようになるからです。

厳しいことを言わせてもらいますが、アフィリエイトをはじめても翌日いきなり報酬があるということはごく少数です。

最初の数ヶ月間はお小遣いにもならないかもしれません。

そんななかでも毎日この成果レポートと向き合い、改善していくことで大きな収入へと結びつけることができるようになるのです。

下記でいう成果レポートの見方をしっかり実行してアフィリエイトで稼げるようになってください。

  • リンクを貼る位置を移動させてみると翌月クリック率はどう変化したか
  • 他の商品と入れ替えて広告を表示させた場合購入率は改善されたか
  • リンクがクリックされているにもかかわらず購入までいたらず報酬がないという場合、ECサイトのページに問題があるのではないか
    (別のECショップで同じ商品を販売している場合、広告を入れ替えてみると売り上げが上がるケースもある)

現実から逃げずこの3点を定期的に見直すことです。これが重要なことなのです。

(アフィリエイターではありませんが)あのトーマス・エジソンも欲しい結果を手に入れるまでに何百ものトライ&エラーを繰り返しています。

くじけず頑張ってください。

私は失敗などしていない。うまくいかない方法を700通り見つけただけだ」byトーマス・エジソン



アフィリエイトで稼ぐためのコンテンツ一覧ページへ
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.