アルバイトのお給料の支払日について

あなたにピッタリの支給方法選び

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> 給料についてpart1

給与体系で生活観が変わる?

お金の支払い

これからアルバイトを始めようと思うのであればさまざまな給与体系についてあなたも知っておくべきでしょう。

例えば日雇いのアルバイトなら働いたその日にお金を受け取ることができ、お金を持っておける時間をコントロールすることができます。

また月給制の場合、毎月給料日に、ある程度まとまったお金を受け取ることができ会社側が確定申告等も代行してくれます。この方法なら浪費グセのある人でも多少安心です。

このように支給条件の違いだけをみても生活観が変わってくるのです。

あなたのライフスタイルや性格と照らし合わせながらそれぞれの給与体系について考えてみてください。

給与の支給方法の違い

月給

  • 定められた日に毎月お給料が支払われる
  • 最も一般的な支給方法(多くの会社が月給制を導入している)
  • 条件次第で雇用保険も適応される

週払い

  • 1週間働いた後にお金が支給される
  • イベント等のアルバイトに多い(季節のイベントスタッフ等は高額報酬も多い)
  • まとまった時間が作れる人に向いている

日給

  • 仕事を終えた日、もしくは近日中にお金を受け取ることができる
  • 少しでも早くお金が欲しい人、自分でお金をコントロールしたい人に有利
  • 浪費癖のある人は不向き

貰える給与を見極める

時給

  • 1時間働くごとに得られる対価が定められている
  • 多くの場合月給や週給、日給も時給で換算されている
  • 最も注目すべきポイント。少しでも高いに越したことはない。たとえ10円や20円の差でも、長時間働くと支給額が全く変わってくるので侮ってはいけない

歩合

  • 成果に応じて対価が支給される
  • 結果が出なかったときまとまった額のお金を受け取ることができないリスクもある
  • ポスティングや内職といった小額報酬の在宅ワークか、パチンコの代内やアダルト関連といった高額だが一線引いてしまうような仕事が目立つ(目立たないが外回りの営業スタッフや電話アポインター、エキストラなどスキルアップにつながる仕事もある)

賞与や昇給

  • スキルアップに応じて時給が上がる可能性がある
  • 会社によって条件は異なるが、同じ職場で長く働いていると受けられる場合もある
  • 向上心のある人は「昇給有り」などの記載がある求人がオススメ

次:アルバイトの給与についてPart2/最低賃金の話など




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.Pay to Park / TheDarkThing
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.