アルバイト応募方法とその注意点

アルバイト応募方法とその注意点

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> アルバイト応募方法とその注意点

応募方法について

「下をクリック」の表記

希望のアルバイト求人が見つかったら次は面接に応募することになります。

ここでは応募方法について注意点などをあげておきたいと思います。

応募(アプローチ)の仕方は主にWEB・電話・郵送の3種類です。

インターネットが普及した今ではWEB応募が最も一般的ですが、「履歴書同封の上、郵送でのみ応募を受け付けております」と記載された求人もあるので求人票に記載された応募方法をしっかり確認しましょう。

求人票に記載された条件が守られていないと応募を受け付けてもらえない場合もあるので注意してください。

電話応募

アルバイトの応募をするとき、少し恥ずかしいかもしれませんが電話応募も利用してみましょう。

電話なら次の指示を即受けることができるので安心です。

WEBや郵送で連絡をした場合、会社から日程調整の連絡がくるまでにタイムラグがうまれます。それがストレスになる人もいるようです。

もし待たされるのが嫌なら思い切って電話応募をしてみるとよいでしょう。

ただし、電話でアルバイトの応募をする場合はかける時間帯を考えましょう。

専任の人事担当者がいるような会社は少ないため、仕事の忙しい時間帯に電話をかけてしまうと電話に出てもらえなかったり悪いイメージをもたれる可能性があるのです。

たいてい仕事には一日のなかでも忙しい時間帯というものがあります。

例えば飲食店の多くは、午前中に仕込みをして昼前からランチのお客さんを迎えるため1時30分くらいまでは忙しいことでしょう。そして夕方から夕食の仕込みが始まり夜のお客さんを迎える準備が始まり、また忙しくなります。ですので2時すぎから4時の間が電話をするにはベストな時間といえるでしょう。

また、採用担当者が不在で後日連絡をしなければいけないケースもありえますので考慮しておきましょう。

採用担当者が不在の場合はきちんと電話対応の人の指示に従ってください。

できればあなたの名前・連絡先・要件を伝えておき、後日もう一度電話を入れるように伝えましましょう。

留守番電話だったときも同様です。

(※もし、大手で人事採用担当者が電話待ちをしているとしたら本社に一度電話をしてから希望条件にあった店舗を案内される場合もあります。)

アポイントをとったら都合があいしだい面接の予約をいれることになりますのでそのつもりでいてください。

WEB応募

マウスをワンクリックするだけで応募フォームへ

アルバイトの求人サイトには必要事項を入力するだけで応募ができる“WEB応募”があります。

アルバイトに応募しようと思ったら、まずはWEB応募を利用するとよいでしょう。

昼夜問わず応募できるので相手に気を使わないですみます。

項目を埋めてボタンをクリックするだけなので簡単です。

ケチくさいですが、電話代もいりません(笑)

応募が済んだら後は待つだけです。

すると後日採用担当者から連絡がきます。

希望のアルバイトが見つかったらアルバイト求人サイトにある「WEB応募」をクリックしてみてください。

※会社側が忙しいとなかなか返事が返ってこないこともありますので「変だな」と感じたら電話で確認を取った方が良いかもしれません。




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.Maple Leaf Gardens / Sweet One 2.EeePC / giovanniscanavino
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.