アルバイトの最低賃金について

最低賃金や締日を知っておこう

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> お給料についてpart2

最低賃金額

空に舞う風船

給与の基準がわからないと思った方は各都道府県の最低賃金額を参考にしてみるとよいでしょう。

例えば東京都では一般的に時給として最低821円以上でなければ人を雇ってはいけないことになっています。(※鉄鋼業では846円、出版業では827円など特定の産業によって最低賃金は違います。)

あなたの住んでいる地域の最低賃金について知りたい方は厚生労働省の地域別最低賃金の全国一覧を確認してみてください。

お給料の支払日を確認すること

アルバイトを始める前にお給料の支払日と支給方法を確認しておきましょう。

職場によって支給方法や支払日は違います。

例えば毎月15日にそれまでの報酬が銀行に振り込まれるケースもあれば、20日で締めて25日に支給されることもあります。

お金に余裕のある人は普段あまり気にしていないと思いますが、インターネットの通信料や携帯料金の振込み日、光熱費など毎月支払わなければいけないお金との兼ね合いを考えると、受け取る日が違うと毎月の支払い状況に影響が出ることも考えられます。

支払い方法や支給日の確認は、思い違いを無くすためにも口頭で聞くのではなく、書面で確認したほうがよいでしょう。

お金の出入りを意識して金銭的にも充実した生活を送りましょう。




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.Ireland has passed the second referendum on the Lisbon Treaty with an overwhelming majority / infomatique
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.