アルバイトの履歴書の書き方

就職活動にも役立つアルバイトの際の履歴書の書き方

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> アルバイトの履歴書の書き方

履歴書で優位に立とう

履歴書の画像

アルバイトの応募に伴って履歴書の書き方を知っておく必要があるでしょう。

履歴書は、あなたを語り、伝える大切なツールです。

あなどることなかれ、アルバイトといえども落とされることが多々あるのです。

人気の職場には人が集中することも考えられます。

落ちた後で悔しい思いをするくらいならはじめ(履歴書の作成)から真剣に取り組んだほうが時間も労力も有効的です。

就職活動をする気持ちで履歴書を書いていきましょう。

履歴書の入手方法

履歴書は100円均一店やコンビニ、文具店で販売されています。

実は履歴書にはたくさんの種類があり、それぞれ記載する項目が違います。特技や趣味を書かなければいけないものもあります。反対に必要最低限の項目だけのものもあります。項目を埋めやすそうなものを選ぶと楽ですね。

市販のものを買うと書き方などの説明がついていて安心です。

WEBサイトや求人情報誌に付随している無料のものを利用するのもよいでしょう。

ただし、WEBサイトの履歴書はPDF形式でダウンロードしたものをプリントアウトしなければいけないためプリンターがないと使えません。また、他の媒体で発見したアルバイトの面接にソレを使用するのは念のため控えた方がよさそうです。たとえばマイナビバイトに掲載されている求人に応募したのにタウンワークに付随された履歴書を使うというのは控えた方がよいかもしれません。(もちろん市販の履歴書の使用はどこにでも使ってよいです。)

履歴書の書き方

書類を書く女性

履歴書が用意できたら書き方の説明にうつっていきたいと思います。

まずは、必要最低限ポイントや注意点をまとめてみたいと思います。

必ず黒のボールペンを使うこと

鉛筆や色ペンはマナー違反です。

記入欄は省略しないこと

「2015年」を「‘15」と書いたり「平成」を「H」と書いたり、住所を省略したりしないほうがよいでしょう。

電話番号も市外局番から記載しましょう。※家の電話番号でなく携帯電話の番号でも大丈夫です。

証明写真を用意し裏に名前を書くこと

証明写真には「撮影から3ヶ月以内のもの」「正面」「無帽」の3原則があります。

テープは仕様せず、必ずノリで張ってください。

もし履歴書から証明写真がはがれてしまったときのために写真の裏に名前を書いておきましょう。

スナップ写真やプリクラを履歴書に貼るのはマナー違反です。

学歴の記入欄の書き方を間違えないこと

「学歴・職歴」欄の1行目中央に自分でも“学歴”と記載してください。

2行目に小学校の卒業年から書き始めます。

小学校と中学校は「平成○年○月○○私立○○小学校卒業」など卒業の記入だけでよいのですが、高校移行は「平成○年…高等学校入学」と入学期も記入しましょう。

「高等学校」を「高校」と略すのもNGです。

専門学校や大学は学部や学科まで書きましょう。

学生の方は“在学中”の記載も忘れないように。

職歴の記入を明記すること

最終学歴の記載が書けたら、その下を1行空けて中央に“職歴”と記入しましょう。

過去にアルバイトも含めて仕事をした経歴がある場合、学歴と同じように「平成○年○月株式会社○○ アルバイト入職」など記入をしていきましょう。

職歴がない場合は「なし」と記入しましょう。

免許・資格の欄も記入すること

免許や資格を取得している場合、古いものを上から順に書いていくようにしましょう。

運転免許や英検でも記入してください。

何もない場合は「なし」と記入しましょう。

18歳未満の方は保護者欄に保護者の同意が必要

もしあなたが18歳未満の場合、必ず保護者の方に同意・記入をお願いしてください。

嘘は絶対書かないこと!

履歴書に嘘を書くのは絶対にいけません!バレなかったら余計に問題が大きくなり取り返しのつかないことになります。

精神的にも金銭的にも問題が発生してくるので、誰にとってもよいことがおこりません。

採用の決め手

次は、採用の決め手となるポイントをみていきましょう。

志望動機で熱意を伝える

どうしてココで働きたいのか明確に伝えられるよう努めましょう。

例えば「接客業がしたかったから」では弱いため、「この会社の○○な接客方法に胸を打たれて私も同じように…」などココでないといけない理由を伝えるようにしましょう。

自分の都合ばかりでなく、会社について調査し理解を示すと高感度UPです。

熱意を伝えるためにもできるだけ空白は無くしましょう。どんな会社でも一生懸命な人が欲しいと思っているものです。

自己PRは一つに絞って

自己PRは、あなたを会社へ売り込むアピールの欄です。

あなたの強みを真剣に考え、長所を羅列するのではなく、『コレだ!』というものを一つに絞ってエピソードなどを添えて具体的に熱く伝えましょう。

その文章を読んで“ああた”と“会社”の適正が判断されます。

必ず自分の文章で

マニュアル本に掲載されている文章を書いていてもあなたの熱意は伝わりません。

必ず文章は自分自身で考えて書いてください。

面接のときに困ることにもなります。

これから履歴書を書くのであれば上記のことに気をつけてみてください。

就職活動も同じ

分かれ道

就職活動の履歴書とアルバイトの履歴書は似ているところがあるため、ここで培ったスキルは就職活動にも活かすことができるでしょう。

最低限のマナーをはじめ学歴・職歴の記載方法や志望動機などそっくりです。

違うところといえば、就職用の履歴書の方が記入項目が少し多く用紙のサイズが大きいくらいです。

もし就職活動に対して不安があるのであれば、アルバイトに採用されて店長たちと仲良くなったときに自分の面接態度や履歴書に対してアドバイスをもらうのもよいと思います。

就職活動の履歴書作成の基本はコチラ

アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.Writing cards / Sami Keinanen 2.Stirling Point Signpost, Bluff / thedailyenglishshow
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.