就職活動成功マーケティング

マーケティングと目標設定のあまり知られていない関係性

TOP > 一番初めにしてほしいこと > 就職活動成功マーケティング

消費者としての心得

マーケティングはこれから社会に羽ばたこうとしている、まさにあなたに必要な考え方です。

マーケティングというと売り手側が仕掛けるイメージが強いと思います。

しかし、買い手側が欲しいものを手に入れるために探し歩くのもマーケティングといいます。

もう一つ突っ込んで考えると、あなたがお店を調査して条件を交渉するのもマーケティングといえるのです。

サイト内の[信頼残高とマーケティング]の項でも定義しているようにマーケティングとは「製品、サービス、アイデア、その他について、対象とする相手から望ましい反応を得るための活動」だからです。

あなたの欲しいモノや反応(目標)を手に入れるためにはマーケティングを取り入れ、市場(相手・人)を理解してさまざまなアプローチを取ることを考える必要があるのです。

例えば、テレビを購入するときにインターネットを使って適正価格を調べたり、近所の家電量販店を周って店員の話を聞いたりして情報を仕入れた上で価格の値下げ交渉に出るというのもマーケティングを利用した目標達成のための手段です。

他にも、就職活動を成功させるという目標をかかげたならば相手企業から望ましい反応を得るために企業を徹底的に調べ上げ、調べたデータに似合うアプローチを考えなければいけません。

当然、相手の求める人物像ばかりを追いすぎて、あなた自身の長所がマッチングできなければ就職活動を成功させることはできません。

それならばどういう調査が必要になるのか?

履歴書はどのように工夫してあなたをアピールするべきなのか?

面接では何を質問されそうなのか?

おのずと見えてくるものです。

このようなマーケティングがきちんとできていれば、もし、面接で期待していた質問がでなかったとしても、「今の質問はどういう意図で聞いてきたのか」という察しがつくようになり、相手が求める応答ができるというわけです。

目標を設定していく段階ではマーケティングは非常に役に立ちます

消費者としてこれから社会に出るあなたもマーケティングを学び、役立てることができるのです。



目標設定メニューへ
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.