アルバイトの面接の服装について

アルバイトの面接時の服装について

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> アルバイトの面接の服装

そのアルバイトに合った服装を面接でも

さまざまな着こなし

アルバイトの面接時の服装は、私服で大丈夫ですができるだけ清楚なものを選びましょう。

第一印象は出会って15秒が肝心といわれます。特に服装に至っては一瞬であなたの情報を相手に与えることになります。

面接する人は、服装から仕事をするのにあなたが適しているか判断しています。

飲食店にいって不潔なウエイターが食事を運んできたらきっとあなたも嫌な気持ちがすると思います。

ブランドの服を買いに行った先でショップ店員がパジャマを着ていたら、魅力的で高級な服をすすめてきても説得力を感じないでしょう。

それでは“清楚な服装”とはどのようなものなのかポイントをいくつか見ていきたいと思います。

絶対に避けたい3つの服装

脱帽するジェントルマン

アルバイトの面接に適した服装はいくつかありますが、まず絶対に避けてほしいポイントを知っておいてください。

帽子をかぶったまま面接を受けるのはやめましょう。

これはマナーの問題です。室内で帽子をかぶること事態が非常識です。特に目上の人(面接官)と話をするときに帽子をかぶっているなどごんご両断です。

チェーンやピアスなどのアクセサリーは外しましょう。

腕時計は仕事中も必要なものと考えられるので問題ありませんが、装飾のための派手なアクセサリーは相手に不快感を抱かせる要因になります。

腰パンはNGです。

だらしない腰パンはやめましょう。本人はカッコイイつもりかもしれませんが嫌いな人が多いのは事実です。仮にアルバイト社員のなかに腰パンをしている人がいたとしても、おそらくそれは黙認されているだけなので面接時は控えてください。

注意したいポイント

ジーンズにスニーカー

アルバイトの面接は、就職活動とは違いカジュアルな服装でもたいてい許されます。

夏場はポロシャツやTシャツでもよいでしょう。

ただし、できればジャージやスウェットは避けましょう。これらはスポーツウエアやファッションになりつつありますが寝巻きとして認識されることも多く、悪い印象を与えかねません。

ズボン・パンツはチノパンやジーンズでも問題ありません。ただし破れたダメージ入りなど派手なものは落とされます。

「靴は人を表す」とも言われるため靴は非常に重要です。普段から履きなれたものでよいのですが、汚れなどはキレイに拭いていきたいですね。ちなみにブーツは嫌われるようなので注意してください。

特に女性の場合、高すぎるハイヒールや長く伸びている爪、モリモリの髪、厚化粧など仕事をする上で支障をきたすような服装をしていると不採用の対象になってしまいます。

アパレル関係のアルバイトの場合は、ファッションにも教養があるためか他のアルバイトよりも許容されることも多いようです。ただしショップのイメージに合うコーディネートを心がけたほうがよいのは間違いありません。(※別ブランドでも問題ないと思います。)

自分(個性)を持っているのは良いことですが、TPOに合わせた服装を意識できる人のほうがオシャレだと私は思います。(例えば映画『キューティブロンド』の主人公エル・ウッズでさえ法廷に立つときはスーツを着ています。)

なぜかはわかりませんがアルバイトの面接にスーツで行く人は少数です(堅い印象をもたれるかもしれませんがスーツで行っても問題ないでしょう)。

統一された服装がないため悩む方も多いと思いますが、ここにあげたポイントを押さえることができたらほぼ大丈夫だと思いますので自信をもって面接にのぞんでください。

面接を成功させるために心理学を利用した第一印象を良くする5つのポイントも読んでみてください。




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.fashion observation experiment - outliers / uair01 2.I'm taking my hat off / Dave Heuts 3.Red Shoes / carlescv
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.