残業代を確認しましょう

残業代について

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> 残業代を確認しましょう

残業代についてお話しましょう

そもそも残業とは何かを知っておきましょう

残業とは定められた労働時間より長い時間働くことです。

普通時間外労働には手当てがついて割増料金がプラスされることになっています。

それでは次のようなケースでは割増残業代は支払われるのでしょうか?

17時から22時までの勤務予定だったが忙しかったため23時まで働くことになった…

労働基準法

上記のケースでは残業代の支払いが行われない場合があるので会社側にしっかり確認しておきましょう

一日8時間、週40時間以内の労働は法定労働時間の基準内(法内労働時間)とされています。

予定外の残業だったといって素直に割り増しの残業代を出してくれる会社は少数です。

ほとんどの会社では残業代が支払われないことが多いと思います。

サービス残業

反対に一日8時間以上、週40時間以上働いても残業代が出ない会社もあります。

会社の利益ばかり考えている会社ではこの傾向がありますが、法外な労働を強いられたあなたには未払いの残業代を請求する権利があります。

ただし請求できる金額はさかのぼって2年分です。

もし、心当たりがある場合はお近くの法律事務所または[それでは、訴えさせていただきます―大解雇時代を生き抜く (角川SSC新書) ][20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ! ]などの残業代に関するトラブルの本も販売されています。

法律事務所に相談する場合、結局は数万円の手数料を取られるので残業代がよほどの額で無い限り保留してよく考えた上でお申し込みください。

残業代を計算するときの諸注意

給与明細をみてあなたの残業代がきちんと支給されているか確認できなければどうもこうもいきません。

下記の3つくらいは知っておいてください。

会社によって割増料金については支給額が違います。

深夜の割増料金とは異なることもありますのできちんと確認しておきましょう。

また、あなたの不注意により遅刻してしまった場合、実質労働時間が法定内時間であれば残業代が割り増しされないと思っておきましょう。

当然のことといわれるかもしれませんが、休憩時間・通勤時間は労働時間には含まれません。


注※上記で法律事務所に相談すると数万円取られると書きましたが、私は法律事務所に行くことを否定しているわけではありません。むしろ、初回の相談のみなら無料というところも多いため相談だけでも足を運ぶ価値はあるとおもってます。そこで見積もりをもらうだけでも損はないでしょうから上記分で誤解のないようよろしくお願いします。




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.