アルバイトの勤務時間と給与の関係

勤務時間と給与の関係を知ってライフスタイルを格上げする

TOP> 副業マニュアル> HowToアルバイト> 勤務時間と給与の関係

あなたのライフスタイルと勤務時間を考慮する

「お金」と書かれた黒板

あなたのライフスタイルを実りあるものにするためにも勤務時間と時給の関係を考える必要があるでしょう。

勤務時間を工夫することで給与をUPすることができます。

みんなが働きたくない時間帯や忙しい時間帯が存在し時間の価値が違います。

勤務時間とお給料の関係をみてみましょう。

日中と夜勤と深夜勤

日勤と夜勤の境目の時間帯

お天道様が明るいうちと日が落ちてからで時給が変わることがあります。

よく日勤と夜勤と呼ばれます。

ただし、本来の夜勤とは17時から22時までの勤務時間を指します。この時間に働いても夜勤手当はつきません。

厳密には夜勤手当てがプラスされ時給が高くなる22時から5時までの勤務は深夜勤といいます。

18歳以下の人の深夜勤は法律で禁じられていますので18歳以上の人は自分のライフスタイルを考慮した上で深夜勤のアルバイトを探してみましょう。

この類のアルバイトはファミレスやコンビニなど24時間営業の仕事に多くみられます。

残業代について

「法律上の労働時間」を超えて働く場合、残業代を受け取る権利があります。

これも勤務時間によってお給料が変わる例といえるでしょう。

原則として、休憩時間を除いて1日8時間以内、一週間40時間以内でなければいけないというのが「法律上の労働時間」です。

あなたのライフスタイルを考慮して長く働くことができるのであれば残業代をもらうために頑張るのも良いでしょう。

ただし、法内業務では割り増しされた残業代をもらうことはできません。

法内業務とは、主に労働時間が8時間以内に終わるものをいいます。

例えば、5時間勤務のシフト予定の日に3時間余分に働いても割り増しされた残業代を受け取ることはできません。(社長との交渉次第でボーナスはもらえるかもしれませんが、残業代を貰えなかった不服をたてて裁判を起こしても、労働時間は5+3で8時間に収まっていますので、負けてしまいます。)

卑劣な会社で働かない努力

ただしせっかく深夜勤や残業をしてもボーナス分を支払ってくれない違法な会社もあります。

求人情報をみても法律違反をしている卑劣な会社を見分けることは難しいので、もし深夜勤や残業について知りたければ口コミをもとに情報収集してください。

情報が得られそうにない場合、営業時間が日中に限られているお店やシフト自己申告制の求人を選ぶのが無難でしょう。

あなたのライフスタイルと勤務時間を上手く適合させて実りあるバイト生活を送ってください。




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.Rich / Images_of_Money 2.Nachtarbeit - night work / def110
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.