アルバイト面接をクリアするコツ

就職面接でも使える重要な真髄とは

TOP > 副業マニュアル> HowToアルバイト> 面接をクリアするコツ

採用者が考えていることをくみ取る

[質問と応答]と同じことを繰り返すようですが、就職面接でも使える重要な真髄なのでさらに書かせてもらいたいと思います。

面接をクリアするには、独りよがりな意見を述べる前に、面接官が何を意図として質問してきているのか一度考えてみることが重要です

採用者はあなたの性格・ものの見方・考え方・将来的な可能性を知りたいと考えています

そのために面接ではあなたの本音を知りたがっています

「採用後、きちんと仕事をこなしてくれそうか」

「職場の環境、人とうまくなじめるだろうか」

「商品を盗んだりしないだろうか」

あなたと職場を考慮し、採用後のあらゆる状況に照らし合わせて採用を決定します

ですので、あなたが自分を偽って採用された場合、お互いに嫌な思いをすることになります

履歴書や面接ではあなた自身を偽らずしめしましょう。

質問された内容からあなたの何を知りたがっているのかを見抜いて正直に受け応えることによって合否の確率を上げることができるのです。

面接官について

面接のときは誰が面接官を務めているのか考慮することも一つのテクニックになります。

アルバイトの採用の場合、ほとんどはその店の店長や採用権限のある人です。

小規模なお店やフランチャイズチェーン店の場合はその店の社長が直々に面接官になっていることでしょう

逆に大会社になると面接官は社長とは限りません

ときには現場のスタッフが面接官になっていることもあります

彼らはあなたに対して同じ目を持っていません。

社長が面接官なのであれば、あなたが入社することによって会社に利益をもたらしてくれるかどうかというポイントが最も重要になります。

採用担当者が面接官の場合、まじめに仕事をこなすことができるかをみるのではないでしょうか?

もし、平社員・現場スタッフが面接官をしているような会社があれば単に仲間を見つける程度の好感度が重視されがちです。

結局は真面目であることがポイントになるのですが、それぞれの面接官によって解釈に微妙な違いが入ってくるため心の底で相手が誰なのか意識して接するようにしてみてください。

心の奥底に多少なりともそのような気づかいがあれば表情や受け答えに良い影響を出すことができるでしょう。

このページの面接対処法はアルバイトの場合を主対象にしています就職活動の面接については就活マニュアルもご参照ください




アルバイトについての記事一覧 source credit titles: 1.
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.