ネットショップの強みと戦略

ネットショップの強みを戦略立てに役立てる

TOP > 副業マニュアル > ネットショップ >強みから戦略を考える

間違った販売路線に行かないために戦略を立てる

トロフィーとパソコン

ネットショップ開業前に知っておいてほしいネットショップオーナーの強みをお伝えしていきたいと思います。

あらかじめどのような強みがあるのか知っているとネットショップ開業後に戦略を立てやすく、間違った販売路線に行くのを防ぐことができます。

本格的にあなたの好きなように商売ができるネットショップを想像しながら期待に胸を膨らませましょう。

個人でも大手ネットショップに勝てる

パソコンやスマホのアプリインターフェイス

ちょっとした工夫をするだけで個人でも十分稼ぐことができるのがネットショップです。

大手企業よりも素早い決断が下せるという点でネットショップは個人に有利なビジネスモデルといえます。

実店舗を構える場合、立地条件や敷地面積、店構え、商品の品揃え、宣伝など大きな資本投資ができる大企業が圧倒的に有利です。

しかしネットショップの場合、お金をかけずとも工夫次第で頭の中の構想をパッとお店に反映することができます。

お客さんの視点で物事を捉えた販売戦略を考えてみましょう。

流行や隠れたお宝キーワードを発見して検索エンジン対策をしていけばちゃくちゃくと売り上げを伸ばすことも可能でしょう。

稼げるキーワードの発見方法やSEO対策に関する本

実店舗に勝るネットショップ

服の在庫

実際の店と比較しながらネットショップの強みをもう少し考えていきましょう。

実店舗を開業・運営するには大変な手間と資金がかかりますが、オンラインショップなら店舗を確保するための資金や手間がいりません。

事務所を構える必要もありませんし、従業員の雇用に対する経費もかけずにすみます。
(資金に応じて実店舗をもつことも従業員を雇うことも可能です。)

このため、実店舗では取り扱うことができないような商品でもネットショップでは売ることができます。

同じ商品を販売するにしても管理などのコストが低い分利幅を大きく取ることもできます。
(価格を安くすることも、利幅分を宣伝費に回すこともできます。)

実店舗と比較した強みはまだあります。

実店舗では、恥ずかしくて購入をためらう商品はなかなか売れません。
(アダルト商品、異性へのプレゼント、派手な洋服など)

しかし、オンライン上では店員と顔を合わせることなく買い物ができるので購入しやすいという人が後をたちません。

労働の作り置きという発想

自動販売

実店舗を含め、リアルな商売では労働に対して収入が発生します。

労働を溜めておくこと、つまり「労働の作り置き」はできません。

実店舗では営業時間内にお客さまが来てくれなければ話にならないのです。

勤務時間も限界があり24時間営業することは厳しいでしょう。

しかし、一度作ったWEBページはインターネット経由で24時間365日、世界中の人を相手に営業をすることができます。
(海外に住む日本人も多く、日本語のページだったとしても世界中で需要があるものです。)

どのように規模を拡大していけばいいのか

販路拡大の様子

間違った販売路線に行かないためにうまく行ったときのビジョンを持っておくことも大切です。

実店舗と同じようにネットショップも開業することが目的なのではありません。開業したら運営をしていかなければいけないのです。
ネットショップはビジネスの基本原理「小さく始めて大きく育てる」というやり方に実にピッタリあてはまります。

成功できればどんどんショップの規模を大きくすることも可能です。開業前から構想を練っておきましょう。

WEBサイトのページ数を増やして規模を拡大することもできますし、販売する商品を増やすこともできます。

趣向を変えて他のネットショップサイトを作成することも考えられます。

いずれ実店舗を持つことも頭に入れておいてもいいでしょう。

軌道に乗れば個人事業から法人へ移行することも可能です。

最終的にどのようなネットショップを完成させたいのか最初に考えておくことによってサイトの作り方も戦略も販売商品も変わってきます。

ワクワクしながら将来どのくらい稼ぎたいのか考えてみましょう。

ネットショップの戦略を決める8つの質問

お客さんのメリットを考える

パソコンをする女性

お客さんの視点からネットショップの強みを考えてみましょう。

ネットショップでモノの売り買いができるということはテレビの通信販売と同じ感覚で、お客さんは自宅にいながら手軽に買い物を行なうことができます。

雪が降り積もって外出が難しい人も、腰の悪いお年寄りも、遠方の人にも喜ばれる業界ということを頭に入れておくべきでしょう。

  • 家にいながらショッピングできる(巣ごもり消費をする人は毎年増加しています。)
  • まとめ買い(大量購入)で安く購入できる(送料も安くできます。)
  • 価格・特徴の比較をして購入できる
  • 重たい商品も自宅まで届けてくれる
  • 簡単にほしい商品が発見できるなど

これらのお客さんのメリットは言い返せば戦略を建てる重要なポイントになります。

お客さんに喜ばれるためにできることは何かと自問自答してみてください。

また、このようなお客さんのメリットでネットショップ業界は不景気のなかでも売り上げを伸ばし続けています。

まだまだ将来性豊かなネットショップ市場

世界地図

ネットショップ業界は多くの人が参入しすぎて開拓の余地がないとささやかれていますがそんなことはありません。

某大手ネットショッピングモールはこの不景気のなか毎年、過去最高売上高を更新しているほどです。

これからのビジネス展開が非常に有望と考えられている将来性豊かな市場なのです。

ビジネスだということをきちんと認識し戦略を立てればあなたも成功のチャンスをつかみとることができるのです。

※ネットショップだからこそできる販売戦略は専門的な用語も多数でてきますので別ページで詳しくご紹介させていただきます。開業前にまずはココであげたことを意識してみてください。



ネットショップの開業や運営の方法へ source credit titles: 1.Entrepreneur of the Year / Carolyn Coles 2.Happy woman in chair / Jerry Bunkers 3.Stag Shop - Mississauga / stagshop 4.Vending machine cafe01.jpg / midorisyu 5.US Gun Ownership Grows Under Obama Presidency - FBI NICS / Cory M. Grenier 6.Woman on phone using laptop / Jerry Bunkers 7.Priority regions for expansion / BDOInternational
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.