ネットショップ商品発送方法

ネットショップ運営にともなう商品発送方法

TOP > 副業マニュアル > ネットショップ >ネットショップ商品発送方法

ネットショップの商品発送について

荷物を運ぶトラック

ネットショップを開業・運営していく際に必要になる商品発送に関する情報をお伝えしていきます。

どんな商品を販売するにせよネットショップを運営していくのならお客さんに商品を届けなければいけません。

お客さんに商品を届け喜んでもらってはじめてネットショップは存在する意味を持ちます。

通販を頼んだのに商品が届かないネットショップは詐欺です。

そこでこのページでは商品発送についてお話していこうと思います。

商品発送方法

夜道を宅配するバイク

商品を発送する方法は民間の宅配サービス、もしくは郵便局のゆうパックを利用するのが一般的です。

全国各地から注文を受ける場合、自分で運んでいてはきりがありません。
(なかには車がショップになっていて全国を周りながらネットショップも運営している人もいます。)

日本には全国、いや世界に向けて交通網を張り巡らせた宅配サービスが存在します。

これを利用しない手はないでしょう。

配送業者紹介

宅配サービスの利用方法

宅配業者の人たち

宅配サービスを利用する方法は大きく2つに分かれます。

一つは宅配サービスを個人的に利用する方法、もう一つは提携を申し込んでネットショップの商品を代行して宅配してもらう方法です。

個人的に利用するのは通常の配送依頼と同じですので電話で配送業者を呼んだり、コンビニで配送の手配を行なったりする方法です。

しかし出荷数も多いネットショップでは個人的に利用していたのでは不便なこともでてきます。

後者の「提携を申し込んでネットショップの商品を代行して宅配してもらう」という方法は宅配サービスによって個人では受け入れてもらえない場合がありますが、根気よくお願いしてみましょう。提携して複数の商品を送れるようになると経費の面でも、手間の面でもラクになります。

ゆうパックについて

郵便配達

民間業の宅配サービス料金はゆうパックと比べると少し高めに感じるかもしれません。

金額的に「ゆうパック」のほうが割安で、月に10個以上、もしくは200個以上の発送をした場合にそれぞれ割引料金が適用されるようになります。

しかし、ゆうパックには郵便局が休みの日は発送できないというデメリットもあります。

民間の宅配サービスならばコンビニにいけば24時間依頼できるというメリットもあります。

次の4つのポイントを考慮したうえでどこに依頼するのか決めてください。

宅配サービス選びで注意する4つのポイント

4台のトラック

宅配サービス選びは次の4つのポイントに気をつけてください。

  • 安い(割引交渉もしてください)
  • 破損・紛失の保証がついている
  • 速い
  • あなたにピッタリ(距離的条件・商品の大きさ別の料金・コンビニ持込有りなど)

ただ安ければよいというわけでもありません。

ただ保証がついていればよいというわけでもありません。

お客さんによっては、商品を注文したら早く欲しくてたまらないというケースもあります。

もし、そんな商品が送られてくるのが待ち遠しくてたまらないお客さんに即日商品が届けられたらどんなにお客さんの喜びが増すことでしょう。

4つのポイントはすべて同じくらい重視してください。

商品発送のルールを決めておこう

ルールが書かれたボード

どこの宅配サービスを利用するか決まったら商品の発送方法に関するルールを決めましょう。

商品の発送方法についてルールを決めておけば、行動がマニュアル化でき、あなたの業務が素早く簡単になります。

なにより、発送のルールを決めて、サイト内に記載しておくとお客さんとのトラブルを予防することができるのです。

例えば「15時までの注文であれば当日中に発送。それ以降の注文は翌日発送。」、「配送料は別途500円」などと決めておけば注文が来てサボることもできませんし、約束を守れればお客さんの信頼度もアップします。

あなたのネットショップなりのルールを考えておいて悪いことはありません。

もし、諸事情でルールが守れそうにない場合はお詫びの連絡を一度入れましょう。(※計算でルールを破るのは論外ですが、意外とこのような行為が信頼関係を築くものです。)

あらかじめ商品の金額に配送料を含んでおいて「送料無料」と提示しているとお客さんの反応も変わります。

売り上げアップにつながるかもしれません。

送料を含んだ金額設定は難しいですが、慣れてくると挑戦してみる価値有りです。

ワンポイントアドバイス:ちょっとした気づかいでお客さんの安心と信頼を

パソコンから人が出てくる

商品を発送したらメールや電話でお客さんに、ひと声確認の連絡を入れましょう。

この一手間入れるか入れないかだけでお客さんの安心感は全く違ってきます。

お客さんからすれば、注文商品はちゃんと送られてくるのか心配なものです。

これは入金や返金、その他さまざまな事項でもいえる大切なポイントだと思います。

顔が見えないネットショップだからこそ、確認作業が大切なのです

このちょっとした手間がお客さんの安心と信頼を築き上げることになるでしょう。

この時「購入のお礼」「購入商品の確認」「宅配会社の連絡先」を同時に知らせておくとより良いでしょう。

配送業者紹介



ネットショップの開業や運営の方法へ source credit titles: 1.Through The Elements / CarbonNYC 2.The Sun Leaving The City Behind.. / thienzieyung 3.USS Ronald Reagan helps cruise ship [Image 1 of 12] / 4.St Dunstan's Christmas 2008 appeal mailing / HowardLake 5.Mail Trucks / Bill Ward's Brickpile 6.Rules, Rules, Rules / liber 7.Take My Hand I'm a Stranger in Paradise / Elven*Nicky
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.