商品梱包方法

商品を破損させないことはあたりまえです!さらに上を行く梱包を目指しましょう!

TOP > 副業マニュアル > ネットショップ >ネットショップ商品梱包方法

お客さんに喜ばれる梱包で売り上げUP

商品を発送するネットショップでは商品の破損が考えられます。

商品を破損させないためには厳重な梱包がかかせません。

また、丁寧な梱包はお客さんに喜ばれます

※例えばこのペットベリー というサイトは「丁寧な梱包」「即日発送」がお客さんに高く評価されていてオープンから着実に業績を伸ばしています

大手企業の通信販売で購入したものが届いたときのことを考えてみてください。

きちんとした箱や梱包材に包まれて商品が送られてくると思います。

反対に、下手な梱包は商品が届いたお客さんの信用を失いかねません。

商品によって梱包方法に工夫し、大手に負けない信頼されるネットショップを作りましょう。

商品梱包に必要なもの

商品梱包にはどのような道具が必要なのでしょうか。

ひととおりそろえておきたいものを挙げておきます。

拾ってきたようなボロの道具を使うのではなく、きちんと梱包道具をそろえてください

接着剤(ガムテープ・ノリ・ボンド等)

・梱包に使えるホットボンドという接着材があります。

テープでは見栄えが悪くなる梱包もキレイに仕上がります

・普通のボンドやノリでは強度が心配ですがホットボンドなら安心です。
・梱包にはやはり透明の梱包用テープが必要でしょう。

・はじめて購入する場合はカッターつきのものを選びましょう。
・カッターつきを購入している方はお得な3つ入りの透明梱包用テープを選ぶのが賢い選択です。 ・梱包に費用はかけたくないという人もいらっしゃるでしょうが、強度も弱く重ね張りできない紙テープよりせめて布テープを用意しておきましょう。

商品の大きさに合う箱(段ボール箱)
・ノートパソコンを広げたほどの大きさのダンボールです。

・用途に応じて必要な大きさのダンボールをそろえておきましょう。

・「まとめ買い」は検索ランキング上位に食い込んだこともあるほどのキーワードです。

・商品の大きさに合わせたダンボールだけでなく複数注文があったときのために大き目のダンボールも用意しておきましょう。

・漫画用やCD用のダンボールも梱包素材としてあたりまえになってきています。

・1冊の場合は下の袋・クラフト紙に包んで送ってもよいですが、まとめて購入する人用にダンボールを用意しておきましょう。

・潰れにくく、とってもスマートな印象のポスター発送用の三角パッケージです。

弱く崩れやすいものほど梱包道具は重要なものになってきますので、あなたの扱う商品によって最適なものを探してみてください。

エアーシート(緩衝材)シーラー

・プチプチでご存知のエアーキャップシートです。

商品を梱包するときの手間の削減、見た目のよさ、衝撃保護につながります

・300センチ×400センチの大きさが決まったものが300枚入っているものになります。大きさが合う商品の場合はこのようにあらかじめカットされているものの方が無駄な手間がはぶけます。
・コチラもプチプチですが、ロール上になっているものです。

臨機応変に対応できるため重宝します。

・エアーキャップやポリエチレン製の袋で梱包する場合に便利なのがシーラーです。

・よくプラモデルなど細かい組み立てしきの部品がある場合、それぞれの大きさに密閉された袋に入っているのを見たことがあると思いますが、このシーラーがあればエアーキャップやポリエチレン製の透明な袋を自由自在の大きさに加工することができます

フィルム、コイン、切手、カード、貴重なコレクションの梱包にはかかせません!

※食べかけのお菓子、レトルト食品の袋のフタもできます。
・手に持って使えるサイズのシーラーも発売されています。

・使いこなすのに慣れはいりますが、値段は手ごろです。

包装紙・クラフト紙袋(ポリエチレン製)
・包装用にはいろいろな柄の包装紙がありますが、落ち着いた柄のものを選んだほうが万人ウケします

・このような水玉柄でピンクのものと青のものは文具のなかでも売れ行きのよい包装紙です。
・英字新聞長のデザインは落ち着いた雰囲気を出すのに有効です。

・いろいろなデザインのなかからあなたの扱う商品に合うものを選びましょう。

・クラフト紙は包装にかかせません。(包装紙を購入するまえにクラフト紙を購入しておいたほうが役に立ちます)

・通販で送られてくる商品で、ダンボールに入れるには小さすぎる単品商品など壊れにくいものであればクラフト紙に包んで発送しているというお店は意外と多いのも事実です。

無地なので使い方になれるとさまざまな用途で使えます
・一般的なポリ袋です。

・上記のものは50枚入りで74円なので100円均一で購入するより値段も安いでしょう。

シーラーと一緒に購入すれば自由自在の大きさで細かい商品・コレクターグッズの梱包がきるようになります。

本や湿気を気にする商品は袋に包んで梱包するとよいでしょう。

これだけあれば最低限の商品梱包は可能でしょう。あとは商品によってあなたなりの工夫を凝らして梱包するだけです。

ちょっとした気づかい

お客さんのなかには箱(入れ物)を大事にする人もいます

楽しみにしている商品が送られてきたときのことを想像してください。

期性の箱(元の入れ物。販売店で売られている状態の箱)がむき出しのまま届いて、その箱に直接宅急便の伝票が張られていたらどう思うでしょうか。

宅急便の伝票をはがすと後が残ります。コレクターにとっては致命的です。

また、配達人や周囲の人に何を購入したか見られると恥ずかしいという人もいます。

中身が外から見てわからないようにしておくことも信頼につながります

そんなお客さんたちのことを考えて、箱の上から包装紙やエアーシートをかぶせる一手間をかけましょう。

配送業者のミスを考慮する

最終手段になりますが商品が破損・紛失等した場合賠償を受けることができる損害補償制度というものがあります

金額は各社上限があり、自分側に過失がなかったか調査され、手続きも面倒なため
この制度を宛てにしてはいけませんが念のため知っておいてください。

また、損害補償制度は各宅配サービスで認識が異なります。

利用する宅配サービスにご確認ください。

配送途中で盗難にあうケースも少なからず発生しているようです。

コンビニから配送する場合はできるだけ配送時間直前に持っていきましょう

コンビニのレジ裏に保管されている間に盗難にあうケースもあります。

オークションサイトの梱包方法を真似る

オークションサイトで出品するとオークションサイト側から梱包の仕方を丁寧に教えてもらえます。

ネットショップを実際に運営する前にオークションで練習してみてもいいと思います。

Ø出品時に丁寧に梱包方法を教えてくれるオークションサイトはコチラで紹介しています



ネットショップの開業や運営の方法へ
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.