抜け毛や薄毛の悩みに対する若ハゲ予防対策

ハゲは遺伝ではなかった!?ハゲを予防する日常生活対策

TOP >大学生活を充実させるためのリスト > 大学生と若はげ対策

若ハゲに悩む大学生たちが急増中?

髪の毛を気にする男性

このページでは、抜け毛予防をしたいと考えているあなたと発毛を促進したいあなたに髪に関する無料の知識をお届けしたいと思います。

最近抜け毛が増えてきた気がする。それに髪の線も細くなって薄毛になってきたように感じる。将来完全にハゲてしまわないか心配でたまらない。このような悩みを抱えている人が増えています。(これは男性だけに限らず女性も抱えている悩みです。)

テレビのニュース番組でも、若ハゲを隠すために毎朝鏡の前で奮闘している大学生や新社会人の特集が組まれているのをときどき見かけます。

実際に都内の通勤電車の中を見回してみるとおデコが広くなっていたりつむじが目立ったりしている方が目立ちます。

一体原因は何なのでしょうか?そしてどうすれば後退を食い止め髪を増やすことができるのでしょうか?

髪の毛が抜けるメカニズムと禿る原理

血液の流れる様子

人間の髪の毛は3〜6年のサイクルで入れ替わるといわれています。

正常な人でも1日に50〜100本は髪の毛が抜けています。

はげの症状がでてくる人というのは様々な原因で毛乳頭への血液の流れが悪くなり十分な栄養が髪に行き渡らず髪の毛が抜けるサイクルが短くなってしまった人なのです。

生え始めの髪の毛は柔らかく、成長するにつれて硬くなっていきます。しかしヘアサイクルが短くなってしまうとしっかりと成長する前に髪の毛が抜け落ちてしまい全体的に細い毛が目立つようになってくるのです。

年齢と共に抜け毛が多くなることは仕方がないかもしれません。

しかしながら次のような規則正しい生活習慣や正しい治療を行うことで、広くなった額の生え際、薄くなった頭頂部など再生する可能性は高くなってきています。

ハゲの原因と予防・改善方法

髪の毛が生える原理を表した図

はげの原因は一つではありません。

さまざまな要素が複雑に絡み合い頭にストレスをかけているのです。

大きな原因は血行が悪くなることですが、どのような原因でそれは起こるのか知っておいてください。そしてどうすれば改善できるのかも理解しておきましょう。


遺伝よりも生活習慣を改善しよう

代々はげの家系だからといって諦めてはいけません。はげの原因の一つとしてホルモンなど遺伝的な要因はあるかもしれませんが確信的なものではないのです。直接ハゲが遺伝するわけではありません。食生活や生活習慣が影響している可能性もありますのでハゲの家系で気になる方は生活リズムを家族で話し合っても良いと思います。また、一人暮らしの大学生も多いかと思いますが不摂生な生活を改善することも大事なことです。

髪はケラチンというたんぱく質が主な成分です。たんぱく質が不足すると育毛にはよろしくありません。ビタミン、ミネラルと共にたんぱく質をきちんと摂取することを心がけましょう。


男性ホルモンのバランスを整えよう

一般におでこから上とおでこから下で関わってくるホルモンが違うといわれています。ヒゲをはじめ体の体毛が濃い人は男性ホルモンが多く頭髪は薄くなる傾向があります。しかし、男性ホルモンのテストステロン自体はむしろ発毛を促進すると考えられています。髪の発毛を促進するテストステロンという男性ホルモンが体内の各部にある「5α還元酵素」の働きでジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変わり、発毛を抑制してしまうと考えられています。5αリダクターゼ(酵素)の分泌量に遺伝的な差異があるため遺伝的に禿るという説もありますが未だはっきりとはわかっていません。男性ホルモンが多いと女性ホルモンが少ないわけではなく、男性ホルモンも女性ホルモンも多いという人もおり、そういう人はハゲていないという説もあります。男性ホルモンが多くても髪の育毛に関する女性ホルモンをバランスよく増やすことでハゲは改善できる可能性があるのです。


アルコールやタバコは頭皮にもよくない

20歳を超えるとお酒がのめる年齢になりますが、肝臓への負担があることも忘れないで下さい。肝臓によって髪の一部の栄養分が作られることもわかっています。お酒で肝臓に負担をかけて髪の栄養分が作れないような状況を自分で作り出すのは避けたほうがよいでしょう。

頭には無数の毛細血管が流れており、この毛細血管のおかげで髪に栄養分が送られます。タバコはこの毛細血管を収縮する原因になるため控えたほうがよいでしょう。健康上よくないですし、経済的にもお財布を圧迫するものなので既に喫煙している方は辞めることをすすめます。


カラーリングによるストレスをケアしよう

大学生になるとカラーリングしたくなる方も多いかもしれません。しかし、カラーリングは頭皮に多大なストレスをかけます。人間は内蔵器官だけでなく皮膚からも栄養素を吸収しています。もちろん頭皮も例外ではありません。とうぜんカラーリングの原料となる有害な毒素も吸収されます。薄毛、抜け毛が気になる方はカラーリングはしないほうがよいでしょう。

また、シャンプーのやり方がマズイと頭皮に傷をつけてしまいハゲの原因になってしまいます。爪を立てず指の腹でマッサージするように地肌を洗いましょう。リンスはできるだけ髪に馴染ませるようにし、地肌に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

上記の理由と同じようなことから睡眠不足やストレスも血行障害を引き起こすため気をつけてください。

頭皮マッサージ/シャンプーのやり方

シャンプーでマッサージをする人の写真

頭皮が堅くなってくると血流が悪くなります。

血流をよくするのには温めるのが効果的です。

お風呂などでしっかり体を温め体全体の血流をよくしましょう。

「ホンマでっかTV」という番組でも度々話題になった電球を頭に乗せておくと温まる効果があるので発毛によいというのはおもしろいですが日常でそんなことはなかなかできません。

そこで血流をよくするのに手っ取り早く効果的なのがマッサージでしょう。

もちろん育毛を促進する頭皮マッサージがあります。

マッサージの方法は主に「スリスリ揉む」、「トントン叩く」、「ムニュッと押す」の三種類です。

いずれの方法もそれほど力をいれずに指の腹をつかって軽くマッサージすることを心がけてください。

頭皮を傷つけると髪に多大な影響を与えてしまいます。

定期的に爪のお手入れをすることも忘れないようにしましょう。

マッサージする部位ですが頭のテッペンの部分を入念にマッサージするとよいでしょう。

また、肩こりも頭部への血行を悪くする原因にもなりますので首の付け根や背中、おでこ周り、耳の付け根のマッサージも行うとよいでしょう。

シャンプーをする際は地肌を下から上に向かって洗うようにすることで汚れを落とすだけでなく重力に負けている皮膚を持ち上げる効果もでてきます。(頭の皮膚がリフトアップすると顔の表情筋もほぐれアンチエイジングにも効果的です。)

シャンプーやリンスは頭皮に残ると有害ですので洗い流すほうに時間をかけるように意識してください。

シャンプーをしなくても毎日お湯で頭を洗うことでかなりのマッサージ効果があります。

発毛・育毛改善治療にかかる治療費

最後になりましたが、当然のことながら薄毛治療には発毛・育毛の専門クリニックに通うのが一番良いと思います。

しかしながら専門クリニックはたくさんありますが治療費が高いのが玉に傷です。最初の診察カウンセリングは無料といっているケースも多々見受けられますが、そこで危機感をあおって来院をすすめられるのが目に見えています。

来院するのなら診察や血液検査で15000円ほどとられ一ヶ月ごとの通院や薬代で毎月3万円の費用がかかると思っておいて下さい。(※個人的にネット上でいろいろ調べた結果です。すべての会社がこの値段というわけではありません。)

そこでもし少しでもお金をかける気があるのならまずはスカルプケアシャンプーを利用してみてはいかがでしょうか。
(※ちなみにヘッドスパは和製英語で英語に訳すとスカルプケアになります。)

ハゲを治療することはあなたの私欲を満たす以外にも色々な価値があるはずです。付き合っている人が自信をもってあなたの隣を歩くことができたり、薄毛に悩む父親に希望をもたらしたりできるのです。恥ずかしがらずに一歩を踏み出すことが人生を変えるかもしれないのであなたに合うものを選んでみてはいかがでしょうか?

若ハゲ対策に効くと話題のシャンプー一覧




大学生活を充実させるためのリストへ source credit titles 1.117/365 Messy Hair / stuartpilbrow/http://farm4.static.flickr.com/3011/3020245929_e7212fe395_m.jpg 2.sweating blood / Sean MacEntee/http://farm5.static.flickr.com/4047/4425274555_011a6699e1_m.jpg 3.Cartoon for Sounding rocket proposal / brunosan/http://farm5.static.flickr.com/4053/4303512011_518c78a047_m.jpg 4.Shampooing (365 Reject) / ktpupp/http://farm1.static.flickr.com/147/336136328_f11445dcc8_m.jpg
メルマガページへのリンク

TOPレベルコンテンツ一覧

サイト内人気記事10

まとめ・比較人気記事

各種おすすめ本の紹介

サイトについて

運営者外部サイト

Copyright © One's success in peace All Rights Reserved.